複数の法律事務所に相談をする

借金についての無料相談をすることができる法律事務所は多くありますが、それぞれの法律事務所で相談をしてから実際に債務整理を依頼するところを選んでいくというのも可能です。

無料相談は費用がかからないので借金問題を抱えていてお金がない人にとっては良いのです。
ただし相談をするところによっては一定時間が無料でそれ以上になると費用がかかる設定になっていることもあるので概要をきちんと確認しておきましょう。

複数の法律事務所に借金整理についての相談をすることのメリットとしては債務整理をすることになった場合に依頼する場所によって金額にどれくらいの違いがあるのかというのも知ることができることです。

一方で、毎回同じ内容のことを相談しないといけないので時間がかかってしまうデメリットもあります。

ただしメールや電話での相談であれば空いた時間を使って行うことができるので時間的な制約をあまり受けないので比較して相談しやすくなっています。

自己破産のような借金整理になってくるとすべての借金を整理するまでには時間だけでなく費用もかかることになります。

相談のしやすさというのも大切だと思いますが、債務整理における報酬についても調べておきましょう。

借金整理無料相談ランキング

かかる費用と支払分割の相談

無料相談を利用して借金整理の必要性があると判断された後は借金のレベルや収入の状況に応じて債務整理の検討がされるわけですが、収入がまったくない場合は自己破産による借金整理が妥当だと判断されることもあります。

 

収入がある場合は借金の一部を大幅に減らすことや返済スケジュールの見直しをしてもらうことで返済しやすい状態を作っていくことができるので民事再生などによる借金整理が提案されることもあります。

 

どの方法で借金整理をする場合も法律の専門家に依頼をして対応してもらう場合は報酬の支払いが発生することになりますが、借金についての悩みなので当然ながらすぐに支払うことができない人は多いと思います。

 

依頼を受ける法律の専門家についてもお金が無くて一括での支払いは厳しいということを想定して考えてくれているところが多いので、債務整理が終わった後に改めて分割払いなどに対応してもらうことができます。

 

どれくらいの返済ペースになるのかについては収入によって決まるので一概には言えませんが、提案があるのであれば相談しておくことをおすすめします。
債務整理をして終わりではなくそこから新しく気持ちを切り替えて再び借金問題で悩まないようにしないといけません。

債務整理が必要な場合

私は銀行や消費者金融からお金を借りていて最初のうちは難なく返済することができていたのですが、借金をする癖がついてしまったことによって何度も借りることが増えてしまうようになりました。

 

借り入れが増えるということはそれだけ借金返済における負担は大きくなるのは頭でわかっていてもいつかどうにか返済することができるという根拠のないポジティブによって結局返すことができなくなりました。

 

このままでは駄目になってしまうと焦る気持ちが芽生えてくるようになり、借金問題の無料相談を利用して自分の借金とどのように向き合っていくことがベストなのか専門家に聞くことにしました。

現状だと自力で返済することができないので借金整理をするために債務整理をした方が良いとアドバイスを頂き、自己破産のように借金をリセットさせるための債務整理ではなく金融機関との交渉で解決できる任意整理を提示されました。

 

私は過去に消費者金融からお金を借りていて返済してきた中に過払い金が発生している可能性があるとのことでした。

 

過払い金を取り戻してそのお金を借金返済に充てることで借金問題の解決を図ることができるとのことで、早い段階で無料相談をしてよかったなと改めて思いました。